TOP>ギャラリー

山野草・雪割草ギャラリー

現在は すべて を表示しています。
表示カテゴリーを に 
1/1ページ
越のカンアオイ散斑 無銘

越のカンアオイ散斑 無銘

散斑というべきか、はっきりとした斑模様です。[カンアオイ]
斑入りレモンの木

斑入りレモンの木

珍しいレモンの木の斑入りです。[樹の斑入り]
斑入り夏ボウズ

斑入り夏ボウズ

黄色の鮮やかさで人気上昇中。[樹の斑入り]
九州産カンアオイ 無銘

九州産カンアオイ 無銘

細やかな散斑が見事。[カンアオイ]
越のカンアオイ「白宝」

越のカンアオイ「白宝」

斑の鮮やかさはトップクラス。[カンアオイ]
越のカンアオイ「越の誉」

越のカンアオイ「越の誉」

紺地と黄色の斑の対比が美しい。[カンアオイ]
黄散斑トウヒレン

黄散斑トウヒレン

葉も大きく、斑入りの芸も良く映える。[斑入り山野草]
ムサシアブミ「金閣宝」(きんかくほう)

ムサシアブミ「金閣宝」(きんかくほう)

安定した人気を持つ、ムサシアブミの銘品。[斑入り山野草]
きら星

きら星

斑入りヤマシャクヤクの中でも斑の芸は特級。散斑の芸は見飽きることがない。[ヤマシャクヤク]
ヤマシャクヤク「雄大紅」(ゆうだいこう)  赤花

ヤマシャクヤク「雄大紅」(ゆうだいこう)  赤花

ヤマシャクヤクの濃赤花。色の濃さはトップクラス。[ヤマシャクヤク]
ヤマシャクヤク「春の酔」(はるのよい)

ヤマシャクヤク「春の酔」(はるのよい)

白斑が綺麗に入り、展示会でも大人気。[ヤマシャクヤク]
「雪の女王」(ゆきのじょうおう)

「雪の女王」(ゆきのじょうおう)

 鮮やかな濃赤色と、黄緑色の三段弁の色対比が美しい。[雪割草(三段咲き)]
「紅艶」(こうえん)

「紅艶」(こうえん)

 花型は円弁で最上級。色も濃く、交配にもよく用いられる。[雪割草(標準花)]
「暁灯」(ぎょうとう)

「暁灯」(ぎょうとう)

 白い花弁の中心に浮かぶ赤色のため、清楚な感じを受ける。[雪割草(日輪咲)]
「真紅」(しんく)

「真紅」(しんく)

 黒が混じった赤色で、重厚なイメージ。乙女咲なのも面白い。[雪割草(乙女咲)]
「幽愁」(ゆうしゅう)

「幽愁」(ゆうしゅう)

 紫・緑・白が入り混じった配色と、ふわっとした花型で印象を残す。大輪で、展示会の花形。[雪割草(千重咲)]
精霊の踊り(せいれいのおどり)

精霊の踊り(せいれいのおどり)

紫地合いの覆輪花。花も大きくキレも抜群。[雪割草(標準花)]
星矢(せいや)

星矢(せいや)

濃色の紫花弁にスッキリした白が素晴らしい。[雪割草(標準花)]
佳月(かげつ)

佳月(かげつ)

佐渡産原種で明るいサーモンピンクの花。特に円弁なのが良い。[雪割草(標準花)]
紅蘭(こうらん)

紅蘭(こうらん)

濃赤の底白標準花。とにかくキレが素晴らしく絶賛されている。[雪割草(標準花)]
熱唱(ねっしょう)

熱唱(ねっしょう)

とにかく大型の濃赤三段咲。オス親としても最適な花。[雪割草(三段咲き)]
故山(こざん)

故山(こざん)

 花型良く、大輪で、花びらの中心に中透けの芸が入る。現在、人気急上昇中。[雪割草(標準花)]
幽谷(ゆうこく)

幽谷(ゆうこく)

二段咲の中でも指折りの有名花。理想の花を目指すためのメス親としても活躍。[雪割草(二段咲き)]
夢織(ゆめおり)

夢織(ゆめおり)

三段ブームの立役者で、初代岩渕作品。今でも人気の品種。[雪割草(三段咲き)]
跳珠(ちょうしゅ)

跳珠(ちょうしゅ)

三段咲の王様とも言うべき存在感の有る花。オス親としても有名で、数々の作品を生んでいる。[雪割草(三段咲き)]
楽園(らくえん)

楽園(らくえん)

外弁の玉斑が素晴らしく、大型で迫力のある三段咲。[雪割草(三段咲き)]
将星(しょうせい)

将星(しょうせい)

二段咲の最新タイプ。色も濃色で、二段弁の覆輪が特徴。形も良い。[雪割草(二段咲き)]
天空の剣(てんくうのつるぎ)

天空の剣(てんくうのつるぎ)

濃紫の花弁と黄色の日輪弁との対比が素晴らしい。[雪割草(日輪咲)]
紅あづま

紅あづま

特殊な色合いの標準花。最新色。[雪割草(標準花)]
紫暮(しぐれ)

紫暮(しぐれ)

紫すだれの二段咲。すだれ芸も見事に現れている。当園作出。[雪割草(二段咲き)]
星まつり

星まつり

濃紫の花弁に中心から先にかけ白く透けている。[雪割草(標準花)]
春色(しゅんしょく)

春色(しゅんしょく)

明るいサーモン色の乙女咲。可愛らしい花。[雪割草(乙女咲)]
極心(きょくしん)

極心(きょくしん)

黒紫の標準花。今までに無かった色。当園作出。[雪割草(標準花)]
燈紅(とうこう)

燈紅(とうこう)

独特のオレンジかかった赤色。当園作出の最新花。[雪割草(標準花)]
竜心(りゅうしん)

竜心(りゅうしん)

獅子葉で本斑という珍品。[雪割草 (斑入り・葉芸)]
「激流」(げきりゅう)

「激流」(げきりゅう)

 一風変わった色合いが人気の千重咲。形などのバランスも良く、展示会でも脚光を浴びる。[雪割草(千重咲)]
「佐渡の幻」(さどのまぼろし)

「佐渡の幻」(さどのまぼろし)

もはや説明の必要のない有名花。外弁の紫と
三段弁の緑の色対比が美しく、大輪であるため迫力も十分。[雪割草(三段咲き)]
ヤマシャクヤク 「朝焼け」(あさやけ)

ヤマシャクヤク 「朝焼け」(あさやけ)

 見事な斑模様が美しい。斑の部分は赤味を帯びて入り、銘どおりの芸を見せてくれる。[ヤマシャクヤク]
無銘(白斑)

無銘(白斑)

安定していて、すべての葉に斑模様が出る品種。葉型も良く、展示会でも注目の一品。[雪割草 (斑入り・葉芸)]
「谷の夕映え」(たにのゆうばえ) (白斑)

「谷の夕映え」(たにのゆうばえ) (白斑)

大型で派手柄。展示会でも非常に注目を浴びる。
大型であるためか、なかなか増えない。[雪割草 (斑入り・葉芸)]
「久子の舞」(ひさこのまい) (覆輪葉)

「久子の舞」(ひさこのまい) (覆輪葉)

覆輪が厚く、見事な一品。花はサーモンピンクで
二芸品である。[雪割草 (斑入り・葉芸)]
紫皇帝(しこうてい)

紫皇帝(しこうてい)

 紫の千重咲の中でも屈指の人気種。大輪で花型も良く、作りがいのある品種である。[雪割草(千重咲)]
紅おけさ(べにおけさ)

紅おけさ(べにおけさ)

 濃赤千重咲では最も有名な品種。手に入れやすくなった現在でも、その魅力は衰えない。[雪割草(千重咲)]
古都の華(ことのはな)

古都の華(ことのはな)

 白覆輪の段咲の先駆け。完成度は高く、開花時は紫が強いが徐々に白覆輪状に抜けてくる。[雪割草(千重咲)]
「辻が花」(つじがはな)

「辻が花」(つじがはな)

数々の賞を受賞し、今や雪割草を代表する名花。
大輪で、濃赤、三段弁の数も多く、非の打ちどころが無い。[雪割草(三段咲き)]
「炎環」(えんかん)

「炎環」(えんかん)

三段咲の中でも屈指の名花。
濃色の赤、大輪に加え、見事な三段弁など
見所は非常に多い。[雪割草(三段咲き)]
深山(みやま)

深山(みやま)

濃赤で白二段弁の品種の中でも知名度、人気ともに
抜群の名花。[雪割草(二段咲き)]
1/1ページ









Gallery

選りすぐりの銘花をご覧くださいませ。

なお、当サイト内の写真や記事等の無断転載、無断コピーはなさらないようお願いいたします。

画像がありません 画像がありません