Old Post

2045日前に更新された記事です♪

画像がありません 画像がありません
TOP最新情報記事一覧>記事別表示

「斑入ヤマシャクヤク展」(主催 斑楽会)のお知らせ

5月12日(土)より14日(月)まで3日間です。

「きら星」(写真は平成23年のものです。)

「きら星」(写真は平成23年のものです。)

現在、人気はNO.1の品種です。芸は安定しており、非常に美しい斑模様です。
「朝焼け」(写真は平成23年のものです。)

「朝焼け」(写真は平成23年のものです。)

斑模様の美しさに加え、日に当てると赤くなり一層見事になります。
「天三光」(写真は平成23年のものです。)

「天三光」(写真は平成23年のものです。)

三光斑の代表格。人気も抜群です。
「春の酔」(写真は平成23年のものです。)

「春の酔」(写真は平成23年のものです。)

大型で、斑もより見応えがあります。

「黄金錦」(写真は平成23年のものです。)

「黄金錦」(写真は平成23年のものです。)

花は濃紅で、期待の品種です。

 次第に暖かい日が来るようになりましたが、どうにも安定しない天候が続いております。春らしい日というより、夏を思わせる日がやってきたかと思えば、急転して寒い日がやってきます。5月らしいさわやかな天候が期待されます。
 さて、次の週末、5月12日(土)から14日(月)にかけて、当店展示室におきまして「斑入ヤマシャクヤク展」(主催 斑楽会)を開催致します。現在人気上昇中の斑入ヤマシャクヤクを多数展示致します。
 斑入ヤマシャクヤクの面白さは、その見事な姿と、斑のバリエーションの多彩さにあると思われます。また、最近は紅花の斑入りも登場してますます品種も多彩になってまいりました。是非御来場いただきまして、ヤマシャクヤクの斑芸に触れてみてください。


2012年05月08日更新

最新情報記事一覧へ戻る