News!

当店からの最新情報をお知らせいたします♪

TOP>最新情報

ササヌマ園芸センターからの最新情報

1/142ページ  次のページ

「古布作品セール、各産地の器セール」開催中です。

10月24日(日)まで開催致しております。(10月20日水曜日は定休日となります。)

展示場風景

展示場風景

普段と違う展示になります。過ごしやすい気候の中、ゆっくりとご覧下さい。

古布作品

古布作品

衣服を中心に、バッグや小物も揃えております。
古布作品2

古布作品2

古布は落ち着いた色合いのものが多く、着る方を選びません。
古布作品3

古布作品3

デザインも様々です。会場でゆっくりとお選びください。
古布作品4

古布作品4

バッグや小物も展示しております。

うつわ各種

うつわ各種

各産地から集めた器を展示即売しております。
うつわ各種2

うつわ各種2

秋はおいしいものがたくさんあります。気に入った器で頂きませんか。
会場風景

会場風景

ぜひ会場に足をお運び下さい。

 だんだんと気温が下がり、夜間は肌寒くなりました。新潟では夜間の温度が10℃を下回りそうです。いよいよ暖房の準備が必要となります。また、衣替えも必要でしょう。冬が近づいている感がありますね。
 そんな10月半ばですが、当店展示室では「古布作品セール、各産地の器セール」開催中です。期間は10月24日(日)まで開催致しております。(10月20日水曜日は定休日となります。)
 おかげで人気を博しております。古布で作られた衣服やバッグ・小物などを展示販売致しております。古布は落ち着いた色合いの為、合わせやすいのが特徴です。また一点ものが多いため、他の方とかぶることがありません。器は各産地(益子焼・常滑焼・京丹波焼など)から集めた器を特別価格にて販売致しております。さまざまな器が並んでいますので、ぜひお気に入りの物を見つけて下さい。会場の様子を写真にてご紹介致します。
 興味がおありの方はぜひ会場まで足をお運び下さい。ご来場をお待ち致しております。


2021年10月19日更新








このページのトップへ戻る


オンラインショップにて、雪割草苗の販売を開始致しました。

ホームページトップの「オンラインショップ」をクリックしご入場ください。

 暑かった時期も終わり、ようやく涼しくなりました。そして雪割草の植え替えも始められます。秋に植え替えをされる方は、忙しくされているのではないでしょうか。
 当店オンラインショップにも、「雪割草」の販売苗を並べました。古典的な銘品から、最新品種までを並べております。興味がおありの方は、ホームページトップより、「オンラインショップ開店」をクリックしオンラインショップへご入場ください。「雪割草」の各カテゴリーをクリックしますと、品種別に御覧になることができます。
 今後他の品種につきましても、用意ができ次第並べる予定です。どうかよろしくお願い申し上げます。


2021年10月15日更新








このページのトップへ戻る


「秋の逸品いろいろ展」を開催致しました。

10月9日(土)・10日(日)の2日間でした。

展示場風景

展示場風景

今回も見事な逸品が並びました。

(左から)風知草・野菊、オガルガヤ、テイショソウ

(左から)風知草・野菊、オガルガヤ、テイショソウ

こちらは秋の雰囲気いっぱいの山野草です。
ロウヤ柿「黄毬」、黄金シダ

ロウヤ柿「黄毬」、黄金シダ

人気のロウヤ柿です。これだけ実を付けるのは大変です。
ショウジョウバカマ銘品各種

ショウジョウバカマ銘品各種

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、斑入りショウジョウバカマには数多く銘品があります。それが一斉に並んでいました。
チダケサシ、ショウジョウバカマ、ギボウシ、オウレン、クロホシクサ・モウセンゴケ、二人静、ツクバネソウ、大文字草、ヤマシロギク

チダケサシ、ショウジョウバカマ、ギボウシ、オウレン、クロホシクサ・モウセンゴケ、二人静、ツクバネソウ、大文字草、ヤマシロギク

こちらは斑入り山野草。珍品揃いですよ。

(左から)フジバカマ、ヒメタデ、谷川野紺菊

(左から)フジバカマ、ヒメタデ、谷川野紺菊

こちらも秋の山野草。秋の花も良いものですね。
フウリンガマズミ、田川内石、瀬戸焼鉢

フウリンガマズミ、田川内石、瀬戸焼鉢

たくさんの実成が見事なフウリンガマズミです。会場でも人気でした。
(左から)西洋カマツカ、玉泉堂「天上大風」、原惣左エ門作・斑紫銅花瓶、オランダヅタ、掛け軸・川合玉堂「芦雁」

(左から)西洋カマツカ、玉泉堂「天上大風」、原惣左エ門作・斑紫銅花瓶、オランダヅタ、掛け軸・川合玉堂「芦雁」

逸品展らしい展示が並びました。眺めて飽きない美術品揃いでした。植物と並ぶのも良い雰囲気です。

 10月に入り、すっかり気候も落ち着いた感があります。9月には30℃を超える日もあり、残暑というには厳しい気候でした。ですがようやく涼しくなり、過ごしやすい秋となりました。ようやく植え替えにも手を付けられそうです。
 そんな10月半ば、当店展示室では「秋の逸品いろいろ展」を開催致しました。10月9日(土)・10日(日)の2日間でした。
 当店の展示会でも、恒例となりました。テーマはそれぞれの方がお持ちの「逸品」です。寄せ植えや盆栽・斑入りなど植物はもちろん、水石や骨董など普段は展示されない品目も登場します。眺めていて実に楽しい展示会です。今回もいくつかの展示を写真にてご紹介したいと思います。
 穏やかな気候の中、ご来場下さった方々はそれぞれ楽しんで下さった様子です。好きな植物を眺めておられる方、熱心に骨董をご覧の方とさまざまでした。いつもと違う展示が並び、実に興味深い展示会となりました。
 ご来場下さった方々、そして展示に御協力下さった方々、ありがとうございました。


2021年10月14日更新








このページのトップへ戻る


「古布作品セール、各産地の器セール」開催のお知らせ

10月16日(土)から10月24日(日)までの開催です。(20日水曜日は定休日となります。)

展示会場風景(写真は令和2年のものです。)

展示会場風景(写真は令和2年のものです。)

涼しい気候で良い時期です。ぜひ会場にお越しください。

古布作品各種(写真は令和2年のものです。)

古布作品各種(写真は令和2年のものです。)

落ち着いた雰囲気で合わせやすいです。
古布作品各種2(写真は令和2年のものです。)

古布作品各種2(写真は令和2年のものです。)

小物も様々ご用意致しております。
古布作品各種3

古布作品各種3

一点ものが多くなります。お気に入りの物を見つけて下さい。
うつわ各種

うつわ各種

各産地(益子焼や常滑焼・京丹波焼など)から集めました。それぞれ雰囲気が異なります。

うつわ各種2

うつわ各種2

この時期はおいしいものが多くなります。ぜひ新しい器で味わってください。
うつわ各種3

うつわ各種3

皆様のご来場をお待ち致しております。

 10月も半ばとなり、気温もだいぶ落ち着いて参りました。新潟では夜間に10℃台になり、いよいよ長袖の出番となります。暑さが落ち着いたため、植物の手入れや展示物の観賞にも適した時期です。過ごしやすい気候の中、ゆっくりと楽しみたいものです。
 10月半ば、当店展示室におきましては「古布作品セール、各産地の器セール」を開催致します。期間は10月16日(土)から10月24日(日)までの開催です。(20日水曜日は定休日となります。)
 毎年好評を頂いております、古布作品とうつわのセールです。古布で作られた洋服・小物を展示販売致します。貴重な古布で作られたものは一点ものが多く、他の方とかぶることがありません。雰囲気も落ち着いた色合いで、合わせやすいものとなります。そして器は益子焼や常滑焼・京丹波焼など各産地から集めたものを、特別価格にて販売致します。おいしいものが多い秋に、新しい器でいただくのはどうですか。当日3,000円以上お買い上げの方には「令和4年度版山野草カレンダー」を、8,000円以上お買い上げの方には「令和4年度版雪割草カレンダー」をプレゼント致します。ご友人などとお誘いあわせの上、御来場下さいませ。
 皆様のご来場をお待ち致しております。


2021年10月12日更新








このページのトップへ戻る


「秋の逸品いろいろ展」開催のお知らせ

10月9日(土)・10日(日)の2日間です。

展示室風景(写真は令和2年のものです。)

展示室風景(写真は令和2年のものです。)

今年はどんな「逸品」が登場するでしょうか。今から楽しみです。

ヒトツバタゴ、大文字草、姫リンゴ(写真は令和2年のものです。)

ヒトツバタゴ、大文字草、姫リンゴ(写真は令和2年のものです。)

秋の植物の寄せ植えはやはりいいものです。
コマユミ・白楽天ホトトギス・ゲンノショウコ・大文字草・コメガヤ、リンドウ、谷川野菊(写真は令和2年のものです。)

コマユミ・白楽天ホトトギス・ゲンノショウコ・大文字草・コメガヤ、リンドウ、谷川野菊(写真は令和2年のものです。)

秋といえば紅葉。展示室でも楽しむことができます。
ロウヤ柿「長寿鳳」、野菊(写真は令和2年のものです。)

ロウヤ柿「長寿鳳」、野菊(写真は令和2年のものです。)

そして実もの植物です。色どりも様々で、展示室がにぎやかになります。
斑入り舞鶴草、(奥)瑪瑙、柘植製筆立て、(手前)水滴、銅製花立、仙見川石、阿賀野川石、イリオモテショウジョウバカマ(写真は令和2年のものです。)

斑入り舞鶴草、(奥)瑪瑙、柘植製筆立て、(手前)水滴、銅製花立、仙見川石、阿賀野川石、イリオモテショウジョウバカマ(写真は令和2年のものです。)

そして逸品・珍品です。今年は何が登場するでしょうか。

 10月に入りましたが、まだまだ暑い日があります。陽射しが強いため、油断すると鉢物は水切れしていることがあります。せっかく上手に夏を越しても、水切れを起こすと台無しになってしまいます。特に実ものは、付いた実が落ちてしまうことがあります。気を付けたいものです。
 10月9日(土)・10日(日)の週末、当店展示室においては「秋の逸品いろいろ展」を開催致します。
 久しぶりの展示会となります。テーマは「秋の逸品」です。普段の展示会は植物が中心となりますが、この逸品展は植物以外の物も展示されます。寄せ植えや盆栽、斑入り植物はもちろん、水石や時には骨董も登場します。また珍品のコレクションなども並ぶことがあり、実にユニークな展示会となります。当店の展示会の中でも、固定ファンが多い催しとなります。また展示室には、植物の即売コーナーも設けております。ぜひ会場にて、逸品の数々を御覧下さい。
 皆様のご来場をお待ち致しております。


2021年10月04日更新








このページのトップへ戻る


1/142ページ  次のページ