News!

当店からの最新情報をお知らせいたします♪

TOP>最新情報

ササヌマ園芸センターからの最新情報

前のページ  2/125ページ  次のページ

オンラインショップ上に「斑入りヤマシャクヤク」の苗を並べました。

ホームページトップ、「オンラインショップ開店」よりご入場ください。

 5月も半ばに入り、暖かい気候になりました。様々な山野草、木々が登場しております。当店でも植物コーナーには様々な山野草が並びました。一年でも品種が豊富な時期となります。
 当店オンラインショップページにも、「斑入りヤマシャクヤク」の品種が並びました。銘品や実生品など、いくつかの注目品種が並んでおります。興味がおありの方は、ホームページトップの「オンラインショップ開店」をクリックし、当店オンラインショップにご入場ください。


2020年05月14日更新








このページのトップへ戻る


「春の逸品いろいろ展」開催のお知らせ

5月16日(土)・17日(日)の2日間です。

展示室風景(写真は令和元年のものです。)

展示室風景(写真は令和元年のものです。)

いつもと違い、植物以外の展示も登場致します。ぜひ会場でご覧下さい。

ガクウラジロヨウラク・ヒメシャガ、アズマギク(写真は令和元年のものです。)

ガクウラジロヨウラク・ヒメシャガ、アズマギク(写真は令和元年のものです。)

この時期は植物の品種が多く、展示品も見ごたえがあります。
(右、上から)五葉松・紅葉・楓・キンズ・石化檜、スミレ、藤(写真は令和元年のものです。)

(右、上から)五葉松・紅葉・楓・キンズ・石化檜、スミレ、藤(写真は令和元年のものです。)

盆栽も並びます。ゆっくりとご覧下さい。
藤、絵皿(写真は令和元年のものです。)

藤、絵皿(写真は令和元年のものです。)

植物の観賞には本当に良い季節です。
徳利(写真は令和元年のものです。)

徳利(写真は令和元年のものです。)

皆様のお出でをお待ち致しております。

 5月の連休も終了いたしました。いつもと違う連休であり、多くの方が静かに過ごされたことと思います。少し落ち着いてきた感じはあるようですが、今後も衛生面でできる限りの注意をし、営業を続けてまいりたいと思います。
 5月半ばになります。気温もちょうどよい時期で、植物を観賞するには非常に良い季節です。そんなこの時期、当店では「春の逸品展いろいろ展」を開催致します。
 春と秋に開催しています「逸品展」です。この度は春、若葉の季節です。この度の展示は盆栽や山野草などの植物をはじめ、水石や骨董など多岐にわたります。植物に限らないところがこの展示会の特徴です。暖かいこの季節に、自慢の逸品をゆっくりと眺めていきませんか。また、植物の即売コーナーも用意しております。
 皆様のご来場をお待ち致しております。


2020年05月12日更新








このページのトップへ戻る


「斑入り山野草展(主催 斑楽会)」を開催致しました。

5月9日(土)・10日(日)の2日間でした。

展示室風景

展示室風景

今回も150点を超える斑入り山野草が並びました。非常に見ごたえがありました。

白覆輪カシワバハグマ

白覆輪カシワバハグマ

カシワバハグマの斑入りは珍しいものです。
ソバナ

ソバナ

目立つ斑模様のソバナです。
萌黄レンゲショウマ

萌黄レンゲショウマ

美しい萌黄のレンゲショウマです。
ツクバネソウ

ツクバネソウ

珍しいツクバネソウの斑入り。人気もあります。

アキノキリンソウ

アキノキリンソウ

ハッキリとした斑模様で目立つ品種です。
トチバニンジン

トチバニンジン

人気のトチバニンジンです。全葉に模様が入ります。
シラネアオイ

シラネアオイ

こちらも人気のシラネアオイ。美しい白斑です。

 新潟では田植えが進み、田にはすっかり稲が並びました。田に水が張られると、途端に涼しくなったような気がします。この後には畑に野菜苗が植えられていくこととなります。ところどころで緑が見られる季節となります。
 そんな5月、当店展示室におきましては「斑入り山野草展」を開催致しました。主催は斑楽会の皆さんです。
 この時期は、植物が数多く見られる季節でもあります。山野草も数多くの品種が見られる時期です。そして、斑入りの山野草も数多く登場してまいります。この度も、当店展示室には150点ほどの斑入り山野草が並びました。
 こんな状況ですが、植物はいつも通り芽を出してくれます。斑入り植物もいつも以上の芸を見せてくれました。今回は品種も多く、非常に見ごたえのある展示会となりました。
 ご来場下さったお客様、そして展示にご協力下さった斑楽会の皆さん、ありがとうございました。また来年の展示会を目指し、面白い斑入り山野草を探していきたいと思います。


2020年05月11日更新








このページのトップへ戻る


「斑入り山野草展(主催 斑楽会)」開催のお知らせ

5月9日(土)・10日(日)の2日間です。

展示室風景(写真は令和元年のものです。)

展示室風景(写真は令和元年のものです。)

実に様々な種類の斑入り山野草が並びます。

シラネアオイ(写真は令和元年のものです。)

シラネアオイ(写真は令和元年のものです。)

様々な山野草の斑入りを見ることができます。
ソバナ(写真は令和元年のものです。)

ソバナ(写真は令和元年のものです。)

中には珍品もありますよ。
トチバニンジン(写真は令和元年のものです。)

トチバニンジン(写真は令和元年のものです。)

見ごたえ十分です。
アキギリ(写真は令和元年のものです。)

アキギリ(写真は令和元年のものです。)

即売コーナーもご用意し、皆様のお出でをお待ち致しております。

 ようやく気温も上がってきて、春らしい陽気となりました。やや暑い日もありますが、5月らしい気温の日はやはり過ごしやすいものですね。新潟では田植えが着々と進行して、稲がきれいに並んだ光景を目にすることができます。
 そんな5月半ばですが、当店では「斑入り山野草展」を開催致します。主催は斑楽会の皆さんです。
 春には様々な山野草が芽を出してきます。そして、斑入り山野草も芽を出してきます。今年は気温が高かったせいか、山野草の芽出しがいつもより早かったようです。今年も、様々な品種の斑入りが展示されます。また、即売コーナーも用意しております。ご興味がおありの方はぜひ会場に足をお運びください。
 衛生面などに注意しながら、開催させていただきます。皆様のご来場をお待ち致しております。


2020年05月07日更新








このページのトップへ戻る


「山野草寄せ植え教室」を開催致しました。

4月29日(水・祝)、当店展示室にて開催致しました。

教室風景

教室風景

説明から入り、その後実際に制作します。

材料

材料

まずは主木を選びます。そして、寄せる山野草を選んでいきます。
手元

手元

生徒さんたちの手元です。材料の植物をほぐし、まずは並べてイメージを作ります。
植え込み作業

植え込み作業

実際の植えこみです。イメージ通り並べ、土をかけていきます。
完成間近

完成間近

最後に苔を貼り、化粧砂をかけます。

生徒さんの作品1

生徒さんの作品1

主木は一才カマツカ。実が付いたらさらに良い感じになります。
生徒さんの作品2

生徒さんの作品2

主木は日本カマツカ。樹の形が良い雰囲気ですね。
生徒さんの作品3

生徒さんの作品3

こちらも主木は日本カマツカ。配置と寄せる草が変わるとやはり違うものになります。

 5月に入りました。新潟では田に水が張られ、田植えが始まっております。新潟ではもっとも季節を感じる光景の一つです。大変な時期ではありますが、こういった風景を目にしますと心が和んできます。
 4月の終わりの29日(水・祝)、当店展示室におきまして「山野草寄せ植え教室」を開催致しました。講師は当店より笹沼文代が担当致しました。
 この時期恒例の寄せ植え教室です。参加していただいた生徒さんに、ご自分で山野草の寄せ植えを作っていただきます。春のこの時期は、一年でも山野草が豊富な時期です。そのためいろんな寄せ植えを作ることができます。今回は衛生状況に注意しながら、それぞれ寄せ植えを作成していただきました。
 まずは材料選び、そして配置・植え方などのコツを説明していきます。その後に実際の作成に入りました。初心者の方からベテランの方まで、思い思いに作品を作っていきます。今回もいくつかの作品を、写真にてご紹介いたします。
 ご参加下さった方々、ありがとうございました。今後は手入れをしながら、変化していく作品をご家庭などで楽しんで下さい。


2020年05月02日更新








このページのトップへ戻る


前のページ  2/125ページ  次のページ