News!

当店からの最新情報をお知らせいたします♪

TOP>最新情報

ササヌマ園芸センターからの最新情報

前のページ  3/133ページ  次のページ

「第11回寒蘭展」を開催致します。

11月21日(土)から23日(月・祝)までの3日間です。

会場風景(写真は令和元年のものです。)

会場風景(写真は令和元年のものです。)

晴れた日には、展示会場に香りがいきわたります。

豊雪(写真は令和元年のものです。)

豊雪(写真は令和元年のものです。)

寒蘭の中でも最も有名な品種の一つです。見るからに美しい花に注目です。
都矢姫(写真は令和元年のものです。)

都矢姫(写真は令和元年のものです。)

寒蘭らしい色合いの銘花です。
無銘緑花(写真は令和元年のものです。)

無銘緑花(写真は令和元年のものです。)

こちらも寒蘭の特徴である緑花です。無銘でも美しい花を見せてくれます。
銀河(写真は令和元年のものです。)

銀河(写真は令和元年のものです。)

こちらは斑入り。縞斑に加えて、花も見事な品種です。

 すぐに寒い日がやってくるかと思いきや、やや落ち着いた気温の日が続いています。そのため、紅葉もまだ見頃が続いているようです。外出自粛もあったため、紅葉も見にお出掛けする方々も多いことでしょう。秋の景色を今のうちに楽しんでおきたいところです。
 そんな11月ですが、当店展示室では「第11回寒蘭展」を開催致します。期日は11月21日(土)から23日(月・祝)までの3日間です。
 新潟ではまだご存じない方もいらっしゃいますが、寒蘭は古典植物としてよく知られた品種です。花の美しさもさることながら、咲いた時の香りが素晴らしいことで人気です。また近年は見事な斑入りも出現してきています。そんな寒蘭をいっぱいに飾ります。寒蘭に興味がおありの方、またご存じない方でもぜひ会場に足をお運びください。
 皆様のご来場をお待ち致しております。


2020年11月19日更新








このページのトップへ戻る


「秋の彩り展」を開催致しました。

11月7日(土)・8日(日)の2日間でした。

展示室風景

展示室風景

秋の展示ながら、様々な色合いで華やかになりました。

西洋カマツカ・ナツハゼ・コナラ・ヤクシマノギク・紅葉・ヤブコウジ・ヒダカミセバヤ・ツユザサ、ヤマラッキョウ

西洋カマツカ・ナツハゼ・コナラ・ヤクシマノギク・紅葉・ヤブコウジ・ヒダカミセバヤ・ツユザサ、ヤマラッキョウ

秋の山野草・樹ものの寄せ植えです。実に見事な雰囲気でした。
ツルウメモドキ、リンドウ

ツルウメモドキ、リンドウ

こちらは黄色が鮮やかな色合いです。樹も年を経ていて見事です。
サルトリイバラ、野菊

サルトリイバラ、野菊

サルトリイバラの形が個性的で、会場でも目立っていました。
ロウヤ柿「福寿」、コシキジマラッキョウ

ロウヤ柿「福寿」、コシキジマラッキョウ

秋の展示と言えばロウヤ柿です。これだけの実なりはなかなかお目にかかれません。

真柏、一才カマツカ

真柏、一才カマツカ

秋は盆栽もゆっくりと楽しめる季節です。味わいのある真柏は人気でした。
ヤブサンザシ・スノキ、ロウヤ柿、ツルウメモドキ

ヤブサンザシ・スノキ、ロウヤ柿、ツルウメモドキ

自然の雰囲気を味わえる寄せ植えです。実ものと併せて楽しめます。
シラキ、スズフリラッキョウ

シラキ、スズフリラッキョウ

美しい紅葉のシラキには、実がなっています。

 夜間の気温が下がってきました。新潟では10℃を下回る日も出てきており、冬支度が必要な気配となってききております。今年は冬らしい冬になりそう、との予測も出ています。早めに準備をしておきたいところです。
 そんな11月初めですが、当店展示室では「秋の彩り展」を開催致しました。11月7日(土)・8日(日)の2日間でした。
 テーマは「秋」となります。秋を感じさせるような山野草、盆栽や寄せ植えが展示室いっぱいに並びました。紅葉はもちろん、実ものなど秋の山の雰囲気を感じさせる植物が並びました。いくつかを写真にてご紹介致します。
 紅葉の赤や黄色、実ものの柿色など様々な色合いが並び、当店展示室は実に鮮やかな色合いとなりました。また、即売コーナーもおかげさまで盛況となりました。お出でになったお客様にも楽しんでいただけた模様です。お出で下さった方々、そして展示にご協力下さった方々、ありがとうございました。


2020年11月09日更新








このページのトップへ戻る


「秋のセール第3弾」を開催致します。

期日は11月7日(土)から9日(月)までの3日間となります。

 11月に入りました。今年も残すところ2か月となります。季節は段々と冬に近づいていきますが、まだまだ秋の楽しみは多いことと思います。これから気を付けながら文化祭など行うところもあるでしょう。また食べ物はこれからおいしくなるところです。じっくりと秋を満喫したいところです。
 そんな11月初め、当店では「秋のセール第3弾」を開催致します。期日は11月7日(土)から9日(月)までの3日間となります。
 気温は下がってまいりましたが、まだまだ植物の手入れをされている方は多いことと思います。そんな方々にぜひご利用頂きたく開催致します。恒例の2割引きセールとなります。鉢や用土・農薬や肥料などを割引価格にて販売致します。(一部商品を除きます。)これから植え替えなどを予定されている方、肥料を与えようとお考えの方など、ぜひこの機会をご利用下さい。
 同時開催としまして、「秋の彩り展」を開催致します。こちらは11月7日(土)・8日(日)の2日間の開催となります。こちらも併せてご来場下さい。
 皆様のご来店をお待ち致しております。


2020年11月01日更新








このページのトップへ戻る


「秋の彩り展」開催のご案内

11月7日(土)・8日(日)の2日間です。

展示場風景(写真は令和元年のものです。)

展示場風景(写真は令和元年のものです。)

紅葉など、秋の植物の風情を味わって下さい。

ヤマモミジ、イシヅチ岩菊(写真は令和元年のものです。)

ヤマモミジ、イシヅチ岩菊(写真は令和元年のものです。)

秋と言えば、紅葉は外せません。
ヤマコウバシ・大文字草、菊、シラキ(写真は令和元年のものです。)

ヤマコウバシ・大文字草、菊、シラキ(写真は令和元年のものです。)

山の紅葉もいいですが、展示室でゆっくりと眺める紅葉もいいですよ。
ロウヤ柿「四季」、黄金シダ(写真は令和元年のものです。)

ロウヤ柿「四季」、黄金シダ(写真は令和元年のものです。)

そして人気の実もの植物も登場します。
ドウダンツツジ・アブラチャン・ウスノキ・リンドウ、大文字草、姫リンゴ・谷川野紺菊(写真は令和元年のものです。)

ドウダンツツジ・アブラチャン・ウスノキ・リンドウ、大文字草、姫リンゴ・谷川野紺菊(写真は令和元年のものです。)

ぜひ会場にて、秋の植物の数々を御覧下さい。

 11月に入り、めっきり気温が下がってまいりました。新潟では、夜間の温度が10℃を下回るようになりました。妙高など山間部では、雪がちらついたところもあった模様です。冬が近づいてきていることが感じられます。もう少し、秋を楽しんでいたいところです。
 そんな11月初め、当店では「秋の彩り展」を開催致します。期日は11月7日(土)・8日(日)の2日間です。
 秋の植物と言えば、やはり紅葉でしょう。しかしその他にも、実ものやススキなどの山野草も思い浮かびます。そんな秋を感じさせる植物が当店展示室に並びます。紅葉はもちろん、実もの植物や山野草の寄せ植え、水石などです。また、即売コーナーもご用意致しております。ぜひ会場にて、晩秋の雰囲気を感じて下さい。
 同時開催としまして、「秋のセール第3弾」を開催致します。こちらは11月7日(土)から9日(月)までの3日間です。こちらもぜひご利用下さい。
 皆様のご来場をお待ち致しております。
 


2020年11月01日更新








このページのトップへ戻る


「古布作品セール・各産地の器セール」開催中です。

25日日曜日までの開催となります。

展示室風景

展示室風景

いつもの展示会とは違った風景となっております。

古布で作られた洋服の数々

古布で作られた洋服の数々

一点ものが多く、他の人とかぶってしまうことがありません。
古布で作られた洋服

古布で作られた洋服

色合いも落ち着いており、着る人を選びません。
小物類

小物類

こちらも注目です。どんな服にも合わせやすいのが特徴です。
うつわ1

うつわ1

こちらは京都の焼き物。絵付けは手で描かれています。

うつわ2

うつわ2

栃木の益子焼です。持ちやすく丈夫ですよ。
うつわ3

うつわ3

急須類も充実しています。お茶がおいしくなりますよ。
展示場風景2

展示場風景2

皆様のご来場をお待ち致しております。

 過ごしやすい気候が続いていますが、夜間は大分気温が下がってまいりました。新潟ではいよいよ10℃を下回る晩があり、上着が必要になります。秋が深まるにつれ、冬が近づいている気がします。紅葉が各地で見ごろなようですし、秋を楽しんでおきたいところです。
 現在当店展示室では、「古布作品セール・各産地の器セール」を開催致しております。古布で作られた洋服や小物、バッグなどを展示販売致しております。さらに、各産地より集められた焼き物の器も展示販売致しております。
 「古布」と言われても、ちょっとイメージしにくい方もいらっしゃるかもしれません。昔使われていた布であり、懐かしくも落ちついた味わいがあります。現在、古布で作られた洋服や小物は西日本の方で人気となっております。古布であるからには今後作ることはできず、その生地は年々減少しております。また、そのために一点ものが多くなります。そんな古布作品の数々を、写真にていくつかをご紹介致します。
 また、秋のこの時期は食べ物がおいしいところです。そんな秋の味覚を、新しい器で味わってみませんか。益子焼や京丹波焼などのお皿や茶わん、急須をそろえて皆様をお待ち致しております。
 ぜひご来場いただき、気に入った一品を探してみて下さい。


2020年10月22日更新








このページのトップへ戻る


前のページ  3/133ページ  次のページ