Old Post

1840日前に更新された記事です♪

画像がありません 画像がありません
TOP最新情報記事一覧>記事別表示

斑入り雪割草・木の斑入り・ウチョウラン展の御案内

6月16日(土)、17日(日)の2日間です。

雪割草「赤富士」(写真は平成23年のものです。)

雪割草「赤富士」(写真は平成23年のものです。)

赤斑を代表する銘品。葉も大型です。
雪割草「神鏡」(写真は平成23年のものです。)

雪割草「神鏡」(写真は平成23年のものです。)

変わった斑模様で人気です。
クロヅル大覆輪(写真は平成23年のものです。)

クロヅル大覆輪(写真は平成23年のものです。)

葉模様が涼しげな一品です。
斑入りヤマコウバシ(写真は平成23年のものです。)

斑入りヤマコウバシ(写真は平成23年のものです。)

人気の品種。黄色が鮮やかです。

ウチョウラン紫一点連舌仁王(写真は平成23年のものです。)

ウチョウラン紫一点連舌仁王(写真は平成23年のものです。)

花形も良く、色も濃色です。
ウチョウラン石付け(写真は平成23年のものです。)

ウチョウラン石付け(写真は平成23年のものです。)

雰囲気も良く、癒されます。

 新潟もいよいよ梅雨入りした模様です。気温も上がってきて、じめじめとした気候が続く季節となってまいります。植物は様々な病気に注意する時期であり、人間にとっては食中毒などに気を使う時期となります。植物も、そして人間も注意して乗り切りたいものです。
 来る6月16日(土)、17日(日)の2日間、当店展示室におきまして「斑入り雪割草・木の斑入り・ウチョウラン展」を開催致します。
 雪割草そして木の斑入りにつきましては、年々様々な種類が出てきております。雪割草の斑入りは品種も多く、斑の形態も多岐にわたっております。また、木の斑入りは新しく見つかるものもあり、人気もますます上がっております。斑入りの模様は涼しげで、この暑い時期に鑑賞するにはぴったりですよ。
 ウチョウランは年をおう毎に新種が発表されています。近年は色合いも濃く、形が整っているものが人気です。開花が遅れていましたが、だんだんと咲いてきております。
 たくさんの方々の御来場をお待ちしております。


2012年06月12日更新

最新情報記事一覧へ戻る