Old Post

1772日前に更新された記事です♪

画像がありません 画像がありません
TOP最新情報記事一覧>記事別表示

「秋の逸品いろいろ展」を開催致しました。

10月13日(土)、14日(日)の2日間でした。

展示風景

展示風景

植物から骨董まで、様々な展示が並んでおります。

真柏

真柏

堂々とした風格の、見事な樹です。
紀州オギ、白実ウメモドキ

紀州オギ、白実ウメモドキ

秋らしい風情で、見る者を楽しませてくれます。
マユミ、大文字草

マユミ、大文字草

秋といえばやはり紅葉。本当に美しい色合いです。
雪割草、樹の斑入り

雪割草、樹の斑入り

斑もの植物も欠かせません。この時期にも美しい芸を見せてくれます。

古鉢

古鉢

貴重な品々です。様々な地で焼かれた鉢が並べられ、見入っていく方々も多かったです。
春蘭、コモウセンゴケ

春蘭、コモウセンゴケ

植物もさることながら、注目はやはり中央の仏像でしょう。数百年前の作だそうです。

 朝晩の気温が下がり、そろそろ暖房などの支度が必要なようです。日中との温度差も激しいため紅葉は期待できそうですが、見る事のできる期間は短いかもしれませんね。
 先日10月13日(土)、14日(日)の2日間、当店展示室におきまして「秋の逸品いろいろ展」を開催致しました。
 テーマは「ジャンルを問わず、自慢の逸品」というものです。したがって盆栽や山野草の寄せ植えはもちろん、古鉢や骨董品などまで幅広い展示品が並びました。通常の展示とは異なり、いろんなジャンルの展示品が隣り合って並ぶ様子はとてもユニークなものでした。また、ご来場下さったお客様方も、一か所で様々な展示品が見る事ができて、楽しんでいただけたようです。
 ご来場下さったお客様ならびに、展示に御協力下さった方々、本当にありがとうございました。


2012年10月15日更新

最新情報記事一覧へ戻る