Old Post

1115日前に更新された記事です♪

画像がありません 画像がありません
TOP最新情報記事一覧>記事別表示

展示風景

展示風景

展示室はカンアオイでいっぱい。数多くの斑入り芸を見ることが出来ました。

ユキグニカンアオイ無銘

ユキグニカンアオイ無銘

斑模様はまだ発展しそうです。
「赤富士」

「赤富士」

色づくような独特の斑模様が特徴です。
「福地雲海」

「福地雲海」

タイリンカンアオイです。はっきりとして目立つ斑模様です。
「東光」

「東光」

中心に斑が入る個性的な模様です。

「越の誉」

「越の誉」

白斑の代表格。はっきりとした鮮やかな斑模様です。
「白亀甲」

「白亀甲」

キンチャクカンアオイ。斑模様もよく表れ、作も見事でした。
越のカンアオイ無銘

越のカンアオイ無銘

これも変わった斑模様です。散斑状の覆輪といえるでしょうか。

 天候があちこちで定まらない模様です。真夏のような暑さだったり、集中豪雨だったりと異常な様子が見られます。私どもの地域では5日ほど強い風が吹き続け、棚上に載っていた鉢植えが落ちたり倒れたりするほどでした。さらに雨も少なく、乾燥した状態が続いております。そろそろ梅雨入りとの話です。まとまった雨と、落ち着いた天候を祈りたいものです。
 先日6月7日(土)、8日(日)の2日間、当店展示室におきまして「斑入りカンアオイ展(主催 斑楽会)」を開催致しました。
 斑入りや葉変わりのカンアオイを一斉に集めた展示会となりました。中心は新潟産である「越のカンアオイ」「雪国カンアオイ」となりましたが、そのほかにも「クロヒメカンアオイ」「カントウカンアオイ」「キンチャクカンアオイ」など様々なカンアオイが展示されました。斑入りの形態もいろいろで、白斑・黄斑・覆輪斑など様々な芸を見ることが出来ました。
 ご来場くださいました県内外のお客様、ありがとうございました。そして展示にご協力くださった会のみなさん、本当にお疲れ様でした。


2014年06月10日更新

最新情報記事一覧へ戻る