Old Post

185日前に更新された記事です♪

画像がありません 画像がありません
TOP最新情報記事一覧>記事別表示

「斑入り雪割草展」ならびに「ウチョウラン即売会」開催のお知らせ

6月16日(土)・17日(日)の2日間です。

展示室風景(写真は平成29年のものです。)

展示室風景(写真は平成29年のものです。)

多種多様な斑入り・葉変わり雪割草をお楽しみください。

氷河(写真は平成29年のものです。)

氷河(写真は平成29年のものです。)

斑の種類も多く、見ていて飽きません。
赤富士(写真は平成29年のものです。)

赤富士(写真は平成29年のものです。)

多くの銘品も並びます。
無銘花ピンク千重(写真は平成29年のものです。)

無銘花ピンク千重(写真は平成29年のものです。)

近年は花と斑の二芸品もあります。
無銘(写真は平成29年のものです。)

無銘(写真は平成29年のものです。)

ぜひ会場にてご覧ください。

ウチョウラン濃紫斑紋仁王(写真は平成29年のものです。)

ウチョウラン濃紫斑紋仁王(写真は平成29年のものです。)

多彩な品種の中から、お気に入りのウチョウランを見つけてください。

 関東や甲信は梅雨入りしたようですが、新潟はまだ梅雨入りの声を聞きません。雨の日も続いていますので、そろそろでしょうか。梅雨は植物にとって大事な時期ですが、同時にカビや病気も発生しやすい時期でもあります。先に殺菌剤などを散布し、カビや病気を予防しましょう。
 そんな6月半ば、当店展示室では「斑入り雪割草展」と「ウチョウラン即売会」を同時に開催致します。期日は6月16日(土)・17日(日)の2日間です。
 雪割草といえば花の種類が多いことが知られていますが、斑のバリエーションも実にさまざまです。白斑・黄斑・散斑や三光斑など、さらに葉変わりも多彩です。当店の展示室に、この斑入り・葉変わりの雪割草がいっぱいに並びます。ぜひ会場で、雪割草の葉芸の世界をご覧ください。
 また、同時に「ウチョウラン即売会」を開催致します。この時期の花といえば、やはりウチョウランが挙げられると思います。上品な姿で、色や咲き方の種類も非常に多く人気の山野草です。近年は花も大きくなってきており、咲いている期間も長く楽しめる品種です。こちらも会場にてご覧ください。
 皆様のご来場をお待ちしております。


2018年06月13日更新







最新情報記事一覧へ戻る