Old Post

107日前に更新された記事です♪

TOP最新情報記事一覧>記事別表示

「斑入りヤマシャクヤク展(主催 斑楽会)」を開催致しました。

4月25日(土)・26日(日)の2日間でした。

展示室風景

展示室風景

100点を超える展示鉢が並びました。

黄聖錦(こうせいにしき)

黄聖錦(こうせいにしき)

斑入りヤマシャクヤクの中でもトップクラスの人気です。目立ちます。
天三光(てんざんこう)

天三光(てんざんこう)

三光斑を代表する品種です。芸も安定しています。
鳴門雷雲(なるとらいうん)

鳴門雷雲(なるとらいうん)

こちらも個性的な斑芸です。大型種です。
無銘紺散斑

無銘紺散斑

ヤマシャクヤクらしい、他の山野草には見られない独特の斑です。

清雲(せいうん)

清雲(せいうん)

珍しい三光斑で、注目の新品種です。
銀散宝(ぎんちりほう)

銀散宝(ぎんちりほう)

こちらもヤマシャクヤク特有の斑芸です。やや地味ですが、存在感があります。
無銘

無銘

新品種です。柄はまだ発展の余地がありそうです。

 4月ですが、なかなか気温が上がらない日があります。暖かい日は20℃を超え汗ばむ陽気ですが、寒い日は上着を着てもなお寒いことがあります。気温の上下が激しいため、体調の管理には注意したいところです。
 先日の4月25日(土)・26日(日)、当店展示室におきまして「斑入りヤマシャクヤク展」を開催致しました。主催は斑楽会の皆さんです。
 数ある斑入り山野草の中でも、斑入りヤマシャクヤクは全国的な人気を集めています。人気の理由は斑のバリエーションの多彩さ、また葉が大きく姿が見事なことが挙げられます。分布も全国的であり、新しい品種も登場します。今回も100点ほどの様々な品種が並び、お出でになった方々も熱心にご覧になっていました。いくつかを写真にてご紹介致します。
 大変な時ですが、そんな中でも多くの方々がお出で下さいました。本当にありがとうございました。今後も、斑入りヤマシャクヤクの魅力を発信していきたいと思います。


2020年04月27日更新







最新情報記事一覧へ戻る