Old Post

116日前に更新された記事です♪

TOP最新情報記事一覧>記事別表示

「木の斑入り展」を開催致しました。

5月23日(土)・24日(日)の2日間の開催でした。

展示会場風景

展示会場風景

木の斑入りは大きいものも多く、壮観でした。その鉢数は117鉢と、大変見ごたえがありました。

ハナイカダ

ハナイカダ

ハナイカダはよく目にしますが、こちらは美しい斑入りです。
ガマズミ

ガマズミ

ハッキリとした斑模様が目立つ一品です。
ヤマボウシ

ヤマボウシ

この時期には、花と斑の両方が楽しめます。
コブカエデ

コブカエデ

葉の形がユニークな品種です。

サルナシ

サルナシ

葉も大きく、非常に見ごたえがあります。
ツリバナ

ツリバナ

人気のツリバナです。実がなった頃にまた見たいところです。
マルバノキ

マルバノキ

覆輪斑です。葉型も面白く、目立ちます。

 だんだんと気温が上がってきております。5月ですでに30℃近く上がり、ハウス内では半袖で作業する状態です。こんな年には、植物の病気も出やすくなります。早めに消毒し、病気の発生を防いでおきたいところです。
 5月23日(土)・24日(日)の2日間、当店展示室におきまして「木の斑入り展」を開催致しました。
 木の斑入りばかりを集めた展示会は、全国でも珍しいそうです。植物にはたいてい斑入りが存在しますが、なかなかお目にかかれない斑入り品種もあります。この度も美しい斑の品種から、珍しい品種まで様々なものが並びました。いくつかを写真にてご紹介致します。
 週末の2日間は気温も上がりましたが、斑入りを眺めていますと涼しい感じを受けます。ご来場下さった方々も、興味深そうに眺めておいででした。また即売コーナーもおかげで盛況となりました。ご来場下さった方々、ならびに展示にご協力下さった方々、ありがとうございました。


2020年05月25日更新







最新情報記事一覧へ戻る