Old Post

116日前に更新された記事です♪

TOP最新情報記事一覧>記事別表示

「木の斑入り展」を開催致しました。

5月22日(土)・23日(日)の2日間でした。

展示室風景

展示室風景

植えてある鉢も大きいため、非常に見ごたえがありました。

イワガラミ

イワガラミ

美しい白斑のイワガラミです。形もユニークな一品です。
ノリウツギ

ノリウツギ

こちらは覆輪斑。斑模様も様々です。
ムクゲ

ムクゲ

ハッキリと入る斑模様は、展示室でも目立っていました。
ヒトツバカエデ

ヒトツバカエデ

綺麗に色分けされた斑模様です。葉も大きく、見応えがあります。

ニシキギ

ニシキギ

枝に特徴があるニシキギですが、斑入りもあります。白の散斑がはっきりと入っています。
チシャノキ

チシャノキ

白地に入る点模様が涼しげです。葉も大きく、斑が映える品種です。
ナツツバキ

ナツツバキ

花が咲いたら、斑とともに楽しむことができます。

 5月半ばを過ぎて、雨天が多くなっています。陽が射す日は夏のようですが、雨の日も気温が高くもはや梅雨の気候です。いまだ梅雨入り宣言はないようですが、予報では雨が続くようです。梅雨を想定して、消毒など病気の予防を開始した方が良いかもしれません。
 そんな5月半ば、当店展示室では「木の斑入り展」を開催致しました。5月22日(土)・23日(日)の2日間の開催でした。
 草だけではなく、樹にも斑入りは出現します。よく見られるものもあれば、ごく珍しい品種もあります。また草と比べて葉が大きいため、斑模様も映えるという利点があります。そして、庭に植えて眺めることもできます。そんな木の斑入りを展示室いっぱいに並べました。
 この度も、実に様々な斑入り品種が並びました。山ではよく目にする品種、庭に植えてある品種などの斑入りも並びました。木の斑入りを好きな方々が遠方よりお越し下さり、ゆっくりと展示室を眺めておいででした。ご来場下さったお客様、ありがとうございました。また展示に御協力下さった方々、ありがとうございました。


2021年05月25日更新







最新情報記事一覧へ戻る