Old Post

78日前に更新された記事です♪

TOP最新情報記事一覧>記事別表示

「正月飾り寄せ植え教室」を開催致しました

12月10日(日)に当店展示室にて開催致しました

教室風景

教室風景

12月にしては落ち着いた天候で、ゆったりと作業をすることができました。

材料各種

材料各種

主木は赤松・トキワシノブ・万両(紅孔雀)・ヤブコウジ・おかめ南天から選んでいきます。そこに選んだ植物を組み合わせます。
鉢各種

鉢各種

この度は植える鉢も選んで頂きました。これにより、出来上がりも随分違ってきます。
生徒さんの作品

生徒さんの作品

出来上がった作品をご紹介します。赤松の枯れた味わいに、南天の赤が良い組み合わせとなっています。添えの鉢はヒナ草です。
生徒さんの作品2

生徒さんの作品2

こちらは赤松と万両(紅孔雀)の組み合わせ。万両の赤が引き立てます。添えのヒナ草が可愛いらしい雰囲気です。

生徒さんの作品3

生徒さんの作品3

シダ・万両と置かれた石もバランスが良く、全体の形もよくまとまっています。飾るのが楽しみですね。
生徒さんの作品4

生徒さんの作品4

鉢が変わるとやはり雰囲気も変わります。ヤブコウジの赤い実が実にお正月らしい感じです。
生徒さんの作品5

生徒さんの作品5

ユニークな形の赤松は枯れた味わいを出します。かわいいヒナ草がアクセントとなっています。

 12月に入り、すでに10日が経過しました。令和5年も残すところあと20日足らずとなります。師走はやはり忙しく過ぎ、すぐにお正月となりそうです。私どものあたりではまだまとまった降雪はありませんが、そろそろ雪の気配もありそうです。
 そんな12月の初め、当店では「正月飾り寄せ植え教室」を開催致しました。期日は12月10日(日)、講師は当店より笹沼文代が担当致しました。
 まもなくお正月がやってまいります。新型コロナウイルスの流行も落ち着き、ようやくお正月らしい雰囲気となりそうです。そんな新年を迎えるにあたり、お部屋や玄関に飾ることができる寄せ植えを作りました。いつも通り作り方の説明で始まり、その後実際の作業に入りました。今回は植える鉢を数種類用意し、ここから選んで頂きました。寄せ植えの主木を決めて、そこに選んだ品種を合わせていきます。
 幸い天気も穏やかで、ゆったりとした雰囲気の中で作業は進んでいきました。植物を合わせる位置取り、また向きなどそれぞれ話し合いながら、作業を進めていきます。完成した作品はどれも素晴らしい出来栄えで、ぜひとも飾って頂きたいものとなりました。
 ご参加頂きました方々、ありがとうございました。ぜひお正月にはお家に飾って頂き、皆さんで楽しんで下さい。


2023年12月12日更新







最新情報記事一覧へ戻る